MENU

アロマオイルの
使い方

アロマオイルは原液では刺激が強いため、直接肌につけず、希釈してからお楽しみください。皮膚に赤み、刺激、発疹など異常がみられた場合は、すぐに使用をやめ医師の診察を受けてください。

デバイスを使って

アロマポット、アロマ
ディフューザー、アロマストーン、
アロマウッドなどに数滴垂らして、空間に香りが広がり、
手軽に楽しむことができます。

香りを確かめる
ように

アロマオイルのキャップを
開けて香りを感じ、
2~3回深呼吸してみましょう。
心を元気にしてくれますよ。

ティッシュや
ハンカチで

ティッシュやハンカチにアロマ
オイルを数滴垂らします。
デスクや枕元に置けばほのかに香るリラックスな空間に、
バッグやポーチに入れておけば、
開けるたびに香りリフレッシュできます。
また、ジャケットのポケットなどに忍ばせておくと、
バッグやからだの放熱によってほのかな香りがふわりと広がり、バッグやお気に入りの香りを身にまとって楽しむことができますよ。


*アロマオイルが付着することでシミができてしまう場合があります。
布製品に使用する場合は、目立たない箇所で試してからお使いください。
また、木製の家具や布製品の上に置く場合は受け皿を使うことをおすすめします。

リラックス
タイムに

朝に使うオススメの香りは、心を元気づけ集中力を向上させるTES-βや、気分を明るく
リラックスさせてくれるOXY-β。夜のバスタイムにはRLX-βでリラックスしてみませんか。

*アロマオイルは親油性のため水やお湯には溶けません。
*肌に直接つけず、下記の方法をご参考に希釈して楽しんでくださいね。

バスオイルにする

アロマの香りで癒し+キャリアオイルによる保湿効果や美肌効果が期待できます。お風呂でリラックスしながら、しっとりすべすべのお肌を目指してみませんか。

[用意するもの]
◇容器(陶器やガラス、洗面器でもOK)
◇キャリアオイル 5ml (スイート・アーモンドオイル、ホホバオイル、グレープシードオイルなどの植物油 / 無水エタノールでも代用できます)
◇アッサンブラージュ・アロマオイル

[作り方]
容器にキャリアオイルとアッサンブラージュアロマオイル5滴を混ぜ合わせます。
浴槽に入れてよくかき混ぜてご使用ください。

器に直接入れて

シャワーだけで済ませたい忙しい朝や、手軽にお風呂でリラックスしたい時など、この方法で気軽にバスタイムアロマを楽しんでみてはいかがでしょうか。

[用意するもの]
◇容器(ガラスや陶器などの小さな器やマグカップなど)
◇お湯
◇アッサンブラージュ・アロマオイル

[作り方]
容器にお湯を入れてアッサンブラージュ・アロマオイルを1~2滴たらし、浴室の隅に置きます。
お湯の温かさで、自然にオイルの香りが浴室内に広がります。

より楽しみたい方へ

アロマスプレーの作り方

アロマスプレーにして自宅や
オフィスに置いたり、
携帯用にして持ち歩いておけば、
いつでも
お気に入りの香りが楽しめてとても便利です。

[用意するもの(50mlの場合)]
◇スプレーボトル(ガラス製、アルコール対応のポリエチレンやペット樹脂製など)
◇無水エタノール 10ml
◇精製水 40ml
◇アッサンブラージュ・アロマオイル

[作り方]
ボトルに無水エタノールを入れ、アッサンブラージュ・アロマオイルを10滴入れたら一度フタを閉めて良く混ぜます。 精製水を加えて再びよく混ぜます。

*短期間で使い切れる場合は、精製水の代わりに水道水やミネラルウォーター(軟水)でも代用できます。

アロママッサージ

気になる部分の引き締めや、香りによるリラクゼーションなど、さまざまな効果が期待できます。
*オイルの濃度は、ボディ用は1%以下、フェイス用は0.1~0.5%以下になるように作りましょう。

[用意するもの(ボディマッサージ用1回分の場合)]
◇容器
◇キャリアオイル10ml
(スイート・アーモンドオイル、ホホバオイル、グレープシードオイルなどの植物油)
◇アッサンブラージュ・アロマオイル

[作り方]
容器にキャリアオイルとアッサンブラージュ・アロマオイル2滴を入れ、よく混ぜます。
マッサージオイルを少しずつ手のひらに取りよく温めてから体につけ、優しくさするようにマッサージしましょう。
体が温まってオイルの浸透が良くなっている入浴後に行うのがおすすめです。
マッサージ後は洗い流さず、しばらくリラックスしてから余分な油のみを拭き取ります。

*マッサージオイルは使用する分だけをその都度作ってください。
*希釈濃度に注意し、パッチテストを行なってからの使用をおすすめします。

注意事項:原液を肌にはつけないでください。目に入れないでください。飲用しないでください。火気に注意し、お子様の手の届かないところに保管してください。妊娠中の方や体調に問題のある方は、医師に相談してからご使用ください。肌につける場合は、その濃度が全体の1%以下(フェイシャル用や敏感肌の方は0.5%以下)になるようにキャリアオイル等で希釈し、事前にパッチテスト(下記)を行ってからご使用ください。また、肌への使用は自己の管理の元でごく少量から導入し、異常が感じられた場合は直ちに使用をおやめください。柑橘系のアロマオイルは、光に反応して皮膚を刺激する可能性がありますので、肌につけた場合は、使用後8時間は直射日光を浴びないようにしてください。紹介しているアロマオイルの心理的、身体的影響については、アロマテラピーで考えられている一般的な作用であり、医学的な効能を謳ったものではありません。アロマテラピーは人間が本来持つ自然治癒力を補うものと理解し、体調に問題のある方は医師の診断を受けるようにしてください。

パッチテスト:アロマオイル(精油)を肌につける場合は、そのオイルが肌に合うかどうかを事前にテストします。実際に使用するものと同じ濃度に希釈したオイルを腕の内側に1滴落として24時間放置し、もし肌にかゆみや炎症が起こった場合は、そのオイルの使用を避けてください。

ユニフラットの活動や、商品のご案内は、インスタグラムで
告知させていただいたおります。よろしければ、フォローをお願いいたします。